中京記念コース特性について(中京芝1600m)

1~2コーナー間の引き込み線からのスタートで東京芝1800mのコース形態に似ている。2コーナーまでの距離が短く、逃げ、先行馬が外枠に入ると馬群が密集した状態で激しい先行争いが展開される。向正面半ばから直線の入り口にかけて高低差約約3mの緩やかな下り坂。直線に向くとすぐに高低差約2mの急坂が待ち構えている。中京直線勾配2%の急坂は、中山の2.24%の勾配に次ぐ急坂でタフなコース形態になっている。この急坂を駆け上がってからゴールまで約200mある。スピードの持続力と馬力が求められる。速い時計勝負に苦戦して勝ちきれなかった馬が、時計のかかるタフなコース設定の中京に変わり一変激走する場合があるのでコース適性の高い馬には注意しておきたい。