セントライト記念のコース特性について
(中山芝2200m外回り)

コース全体の高低差が5.3mと極めて大きい。スタート直後に高低差は2.2mm、勾配率2.24%の1回目の急坂超えが待ち受けている。ゴール地点から1コーナーかけ約2mの坂を上っていく。2コーナー半ばから向こう正面、3コーナー半ばにかけて約4mの坂を下るで。直線では2回目の高低差2.2mを110mで上る急坂を上りゴールまで70m全力で走ることになる。前半は上りなので平均ペースで流れる。2コーナー半ばからの下りから徐々にペースアップ。残り1200m地点からのロングスパートできるスタミナと急坂でバテないスタミナとパワーが求められるタフなコース設定になっている。逃げ切り、直線一気も難しい。末脚の持続性、スタミナと底力が要求される。