【マイルCS2017 京都芝1600M 左・外】

【マイルCS2017コース適性馬情報】

【エアスピネル】
キングカメハメハ産駒。母の父サンデーサイレンス。
京都芝1600mは3戦2勝2着1回で連対率100%を誇る。内2勝は京都金杯、デイリー杯2歳Sの重賞勝ちを含む。全4勝はマイルで挙げているマイル巧者。芝1600mだけを使っていけば勝率が上がりマイル適性も更に上がっていく可能性がある。古馬のマイルG1なのでスローペースとなることはほとんど考えられない。エアスピネルは好時計で1600mを走り切るだけのスピードがある。R・ムーア騎手に乗り替わり注目される。

【イスラボニータ】
フジキセキ産駒。母の父Cozzene。
京都芝1600mは3戦1勝・2着1回・3着1回で複勝率は100%、内2着、3着はマイルCS京都マイルへの適正は抜群に良い。昨年の富士Sからの成績は6戦1勝・2着4回と抜群に安定感が出てきた。マイルCS3度目の挑戦で皐月賞以来のG1制覇を狙う。

【サトノアラジン】
ディープインパクト産駒。母の父Storm Cat。
京都芝1600mはマイルCSで2戦するが4着と5着、今年の安田記念は豪脚な末脚で見事G1制覇を達成。マイルCSは平均からやや速めのペースで流れるのが基本だ。ハイペースを乗り切るスピードと直線での瞬発力があるサトノアラジンは直線の長い外回りへの適性は高い。

【サングレーザー】
ディープインパクト産駒。母の父Deputy Minister。
スワンSを勝ってすべてメンバー中最速上がりの末脚を使い4連勝中の昇り馬。京都芝コースはは4戦2勝・3着1回。京都の外回りでいかに速い脚を使えるかがカギとなり、サングレーザーは末脚が鋭く京都芝コースを得意としており3歳馬ではあるがマークしておきたい。

【レーヌミノル】
ダイワメジャー産駒。母の父タイキシャトル。
桜花賞馬でマイルへの適性は高い。ハイペースでゴール前で接戦になった時の瞬発力で抜け出す勝負根性があるのでG1マイルCSの緩みのない厳しいレース展開は向いていることが推測される。

↓↓↓必見!↓↓↓