【チャンピオンズカップ中京1800M 芝・左】 

【チャンピオンズカップ 2017 調教・追切裏情報】 

【1コパノリッキー】
【元気一杯】
栗東CWで道中でしっかり脚をためているといった単走追い切り。5F69秒1-1F11秒9、気合が乗り十分で迫力ある走りでいい状態を持続している。今年もすでにG1を2勝。7歳になっても元気一杯で衰えはみられない。新記録となる統一ダートG1・11勝目の金字塔を打ち立てるか注目される。

【2ケイティブレイブ】
【好調持続】
栗東坂路で強め、4F55秒7-1F12秒4。ゴールまで加速しているラップ。休み明けを叩いて上昇していた前走と同じような状態。好位につけられるので脚質的のは有利だが、実力的には着までか。

【4ノンコノユメ】
【復調気配】
南Wで5F69秒9-1F12秒8。調教ではあまり真剣に、本気で走らないところがあるのでこの時計で十分。休養でかなり良くなリフレッシュできた。休み明け2走目で良化気配だが追い切り本数の少なさに懸念が残る。

【7ロンドンタウン】
【仕上万全】
栗東CWで単走。5F66秒8-1F12秒0と速い時計をマーク。時計の速い決着になればG1連勝もある。連勝中で調子の良さが見える。好位から抜け出す一瞬の脚があるので展開が向けば勝機は十分ある。

【11アウォーディー】
【気配は急上昇】
最終追い切りに武豊騎手が跨る。栗東CWで5F67秒9-1F12秒3。本番想定して直線はは内から追い抜いていく形をとった。状態に関しては何の問題もなく休み明けを1度使われて気配は急上昇している。

【13テイエムジンソク】
【脚色抜群】
坂路で最終追い切りを行うのは今回が初めて。栗東坂路で、4F54秒5-1F12秒5。時計は平凡だがゴールまで脚色が衰えることはなかった。みやこSを圧勝、持時計からここは勝ち負け必至。

【14サウンドトゥルー 】
【パワフル】
美浦坂路5F53秒7-1F12秒9の好時計をマーク。力強いフットワークでスピード感も抜群にいい。引き続き良い状態本番の挑めそうだ。決め手があり注目される。

↓↓↓必見!↓↓↓