【阪神JF 2017 阪神1600M 芝・右 外】

【阪神ジュベナイルフィリーズ血統解析】

【ラッキーライラック】
【父オルフェーヴル母の父Flower Alley】
オルフェーヴル産駒で勝ち上がった6頭中4頭は1800m、2頭が1600mだったことから中距離への適性が高く、忙しい短距離は不向きの傾向が顕著にでていると言える。母ライラックスアンドレースは米国G1アシュランドS(ダ1700m)勝ち馬でスピード能力に優れている。牝系近親にミッキーアイルやアエロリットがいる。アルテミスSを1分34秒4の速い時計で勝っていることは母系からスピード能力を受け継いでいることを示している。

【ロックディスタウン】
【父オルフェーヴル母の父Storm Cat】
オルフェーヴル×Storm Catの配合も黄金配合になる可能性を秘めている。半姉キャットコインがデビュー3連勝でクイーンCを勝っている。2代母ローミンレイチェルはゼンノロブロイの母、母系は優秀でオルフェーヴルとの配合で底力を押し上げている。

【マウレア】
【父ディープインパクト母の父Storm Cat】
全姉に桜花賞馬のアユサンがいるので阪神マイル外回りへの適性がある血統と言える。ディープインパクト産駒はショウナンアデラとジョワドヴィーヴルが勝ちハープスターの2着もあり、阪神JFへのディープインパクト産駒のレース適性は高い傾向がある。

【ベルーガ】
【父キンシャサノキセキ母の父Kris S】
ロベルトとヌレイエフを併せ持つ配合はシュウジと同じ。母方のケイティーズの子にエリザベス女王杯と阪神3歳牝馬Sを勝ったヒシアマゾンがいる優秀な牝系。短距離馬キンシャサノキセキにスタミナ系の母の父Kris Sが配合されたことで200mの距離延長も克服可能だろう。

【リリーノーブル】
【父ルーラーシップ母の父クロフネ】
ルーラーシップは種牡馬2年目で菊花賞馬キセキを輩出した。母の父クロフネ産駒はクロフネサプライズとホエールキャプチの2着が2回あり母の父フレンチデピュティでもアニメイトバイオの2着がある。ルーラーシップからスタミナ、母系からスピードを受け継ぎ速い時計勝負での好走が期待される。

「競馬で勝ちたい!でも、何をどうすれば競馬で勝てるようになるのかが分からない」そんな本気で競馬勝利者を目指しているあなたに贈る、競馬で勝つための最短経路 【Be Winning Horseplayer】
↓↓↓必見!↓↓↓